Java・Webプログラミング科[3ヶ月間]

離職者等再就職訓練[3ヶ月間]
現在、IT業界で最も求められているJava技術者を育成する講座です。基本的なJavaのプログラミング技術に加え、データベースやサーブレット・JSPを習得する事で、様々な動的Webサイトを実際に制作し、その仕組みについて学んでいきます。訓練中にグループワークやプレゼンテーションが多めに組み込まれておりますので、効率的な作業の進め方や、1対多の話術についても合わせて学んでいき、旧来の職人的な技術者ではなく、ユーザーとの折衝やメンバーとの会話をしながら作業ができる「話ができる技術者」に必要な技術の習得を行います。

プログラム訓練について

プログラムの訓練では「考えて処理の手順を組み上げる」ことを学びます。 エラーが起きた時「なぜプログラムが動かないのか」をエラーメッセージから「推測」し「検証」し「確認」することが求められます。 説明を聞いているだけではプログラムを自分で組み上げる力を習得することはできません。 自ら調べて対応していくことを前提に訓練が進みます。

章の合間に「おさらい問題」を解いてもらい、訓練生自身に問題の解答解説を発表してもらいます。 「なんとなくプログラムが動いた」ではなく、 なぜ動いたのかを自ら解説できる人材の育成を目指します。

訓練では問題解決の為にどうしたらよいか考えてもらうため、 「ネットで調べる」「他人に助言を求める」等、自ら動いてもらいます。 わからないまま何もせずに時間が過ぎていくことがないよう、 積極的に問題解決に向けて考え動いてもらいます。

訓練の進め方

講義型の訓練ではなく対話型の訓練

講師が訓練生を指名し既に学んだ箇所を質問します。

訓練生が講師の質問に回答しながら理解を深めてもらう対話型の講座運営になります。

講義を聞いているだけの講座ではなく訓練生が積極的に参加する訓練です。

問題演習について

学習項目の区切りでおさらい問題を解いてもらいます。

おさらい問題の解答と解説は訓練生が行い、自分の理解度の確認と技術の定着を図ります。

習得できるスキル

  • HTML / CSS
  • Java
  • MySQL

こんな人におすすめ

  • プログラムを本格的に学びたい
  • オブジェクト指向言語とは何なのかを知りたい
  • ロジカルシンキングを身につけたい
  • 調べて解決する力を養いたい

卒業制作のご紹介

  • wp-472
  • wp-481
  • wp-467
  • wp-473
  • wp-485
  • wp-493

修了生の声

Java・Webプログラミング科修了生:T.Nさん
Javaの訓練に入ってからは毎日コマンドプロンプト(Windowsの黒い画面)と格闘します。最初はなじまなかったんですが、後半はプログラムをやっている感が強くなってきてコマンドプロンプトが好きになりました。訓練終了後に入った紹介予定派遣先でプログラムを楽しんで取り組む姿勢が評価されたのか、更新時に正社員として契約することができました。

教室の雰囲気

2014-02-07 12.14.46

定員25名~30名の教室を使用します。
そのため教室内すべての座席を使って訓練を実施します

「Windows10」を使った訓練になります。

プログラミング系の委託訓練について

民間委託訓練施設であるテラハウスICAでは、求職者を対象に、IT業界に就職することを目的とした職業訓練を行っています。訓練生は3ヶ月の授業から成るカリキュラムを通して、制作に必要な知識と技術を習得し、早期の再就職を目指します。

訓練内容(カリキュラム)について

Java・Webプログラミング科[3ヶ月]では、以下のカリキュラムで訓練を行います。

●カリキュラム
就職支援講座 履歴書、職務経歴書等の作成、面接対策など
Webページ作成実習 HTML・CSSによるWebページの作成
ソフトウェア開発概論 Java言語概要
Javaプログラミング基礎 基本文法、基本構文、オブジェクト指向プログラミング
アルゴリズム アルゴリズム(フローチャート)の理解
データベース構築実習 データベースの基礎、プログラムとの連携等
Webサーバ構築実習 Webサーバインストール、RDBインストール
サーバサイドプログラミング JSP、Javaサーブレット等を扱ったプログラミング
Webアプリケーション開発実習 サーバサイドJava+RDB連携によるWebアプリケーションの開発

※Windowsの基本操作・Microsoft Officeの基本操作を出来る方を対象にしています。

トップページに戻る
ページトップへ戻る